テーマ:よんでますよ、アザゼルさん。

よんでますよ、アザゼルさん。 第13話

 ひどい糞回でした。ラミエルさんだっけか、いや、べるぜぶぶさんだったな。死んだと思ってたら、犬のクソを食らってたなんて。いい婆、いいやいい大家、いい大家過ぎ。まさか、天使に持たせたのが300万だったとは、まんまと騙されました。
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第10話

 べるぜぶぶさんとカレーが絡んだ時点で、オチはこうなるという、、。逆か、べるぜぶぶオチを作るために、サークルでカレーを食べさせる設定にするという。だいたいコミケでなんでカレーやねんと思いました。  変ゼミと続けて見たんだけど、両方とも食べ物オチというか、食べ物じゃないモノを食べるオチかよ。30分で2回見せられるとは、思いませんでし…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第9話

 にょりん、、、。イチゴの戦士、、、。ふざけてるなぁ、アザゼルさん。サトリナ、トウの立ってる声質とピッタリだわ。竹達じゃこうはならない。もっとハマっちゃうからなぁ。オタク回か、、。  つか、アザゼルさんといい、変ゼミといい、ド変態だなぁ。サトリナキャラは、むしろ、ノーマルなんだけど、それがオタクに首を突っ込む違和感という感じかなぁ。
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第8話

 画伯回。画伯おもしろいなぁ、演技の幅が半端なく広い。あの妬き魚のキャラのぐちゃぐちゃぶりがすごいなぁ。  絵の破綻ぶりも凄かったけど、画伯にとっては、あの位の演技何でもないんだなぁ。普段から豚とかで鍛えてるものなぁ。
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第7話

 画伯、妬き魚回。よく喋るなぁ画伯。画伯のセリフだけで、というか節回しだけで十分楽しめました。内容は、よく覚えていないというか、どうでもいい感じ。画伯の声を聞いてるだけで他の印象がみんな飛んでく感じでした。  あ、記憶を食べるサルの回か。そのせいで内容が覚えてないのかもと思いました。
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第6話

 アザゼルさん、第6話。ゴシックが放送時間がずれたせいで、変ゼミと続きで見られてよかった。このままにしてくれよ。ニコ動の粗い画面で変ゼミ・アザゼルさんを見たくないです。  サトリナ荒れてるなぁ、300万円はぼり過ぎだろう。せめて250万円位にしておけよと思いました。で、200万円切ったら、すごく儲けた気に依頼人もなるんだろうな。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第5話

 自白させる能力を持ってるペンギン悪魔さん。キャラクタを流出させた犯人を探したけど、犯人は、依頼主が酔ってあちこちに描きまくってましたというネタ。  で、次回以降出てくる天使さんの説明シーン。どうやら人間界での悪魔さんの所業を制限する役割らしいです。  なるほどなぁ。天使って、パトラッシュの時も、例えが古い!、特にネロを助け…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第4話

 品格のない奴って、他人につばを吐くんだよな。なんか東スポ読んでたり、ケイリンや競艇に熱をあげてそうな悪魔ばっか出てくるアニメと思いました。  無知、蒙昧、傲慢、嫉妬、食糞、金銭欲、怠惰、性欲、これらを肯定しまくる悪魔たちと人間達。コマワリくんみたいな、例えが古いな、そんなSDキャラが悪魔だから、見てられるのかと思いました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第2話 第3話

 第2話は、食糞神谷悪魔ベルゼバブだっけか、ベルゼブブだっけか、そんな感じのペンギンみたいな悪魔の回。  なんでも、一瞬排泄をさせたくなる能力を持ってたんだっけか。  第3話は、言霊を現実化する悪魔と、小林ゆう嫉妬悪魔(妬き魚)が登場する回。  15分アニメっていいなぁ。コストも安いし、テンポが良くて早く終わるし、作る…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

よんでますよ、アザゼルさん。 第1話

 15分アニメ。「声優・小野坂昌也劇場」とてもいうべき、いい意味での独り舞台と思いました。  アザゼル役は、小野坂昌也さん以外考えられないと思いました。  笑っても事態が解決する訳でありませんが、コメディアンが笑わせなくても、事態が良くなる訳じゃないので、要するに「無力」なんだろうなと思いました。
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more