テーマ:レベルE

レベルE 第9話

 まさか、アンチウイルスを入れたクローンの幹久を作って幹久の記憶を植え込んで、本物の幹久は、記憶を書き換えて地方都市に送り込むっていうオチかよ、、、。これは流石斜め右上を行ってるなぁと思いました。  にしても、あの女王様、一目ぼれにこだわるっていう事で、一度拉致した幹久を女の体のまま再び地球に送り返してくるとは、夢にも思わなんだ。…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第8話

 ふーん、男の子に見えたミキヒサは、実は女の子でしたってオチか。最初関係を迫られた女の子サトミが帰ったのは、女の子に関係を迫られたからか。ミスリードよくできてるなぁと思いました。  女王がミキヒサを男の子に変えることができるとか、女王は実は、「男性タイプ」で女性相手に繁殖するとか、色んなオチが想像されました。でも、軽くその上を行く…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第7話

 結局、魔王とカラーレンジャー達は互いを理解して、ゲームはコンティニューのまま地球に帰るカラーレンジャー達。  魔王の人工知能の方が、よっぽどバカ王子よりも人間的、友好的というギャグ、なかなかヨイと思いました。  で、バカ王子は、カラーレンジャーのゴールデンハンマーで宇宙の果てへGO~。  魔王の人工知能にさえああはなりた…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第6話

 うまいなぁ。一回腕輪を外させて、それでも腕輪を捨てられないのを見越した上で、RPG星に送り込むっていうやり方か。  バカ王子は、馬鹿じゃない、子供達の非日常に憧れる心理を突いて、「僕と契約して魔法少女になってよ!」ってお願いする、、違うけど似てると思いました。  ていうか、QBの巻き込み方の方が、より酷いなぁ。首切り、友達…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第5話

 バカ王子、小学生を5人さらって腕輪をつけて、カラーレンジャーに変身できるようにする、、っていう遊びだなぁ。  小学生の方がバカ王子よりずっと正論言っててなぁ。「小学生が宇宙人と戦えるわけないだろう」とか、正論すぎるww。「その腕輪を外すには、山形にいるボス宇宙人を倒さなきゃいけない」とか、あの宇宙人は、お前の部下だww。 …
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第4話

 なるほどバカ王子が作った映画っていう話か。それにしても、それぞれがみんな勝手に相談して隔離されてっていうのを、エイリアンに殺されたって勘違いしているのは、おもしろかったなぁ。で、隔離されたマンションの部屋で会うという。  なんとか星人は、女子を食べる事で、子供を産むのか。面白い話だなぁ。というか、全体にテンポがイイし、ネタの引っ…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第3話

 バカ王子とディスクン星人の共同ドッキリっていうオチかよ。確かに想像の斜め上を行く王子だなぁ。  猫の頭についていたカメラは、バカ王子が映像日記作成用につけてたのかい。  ディスクン星人が野球好きで、それで主人公を観察したがってたとか、サインを欲しがるとか、よくできてるなぁ。  人の嫌がる事をするためなら、あらゆる労力…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第2話

 金髪宇宙人の仲間が迎えに来る話、、かな。で、金髪宇宙人は、既に地球を縄張りにしている別の宇宙人を殺しちゃうのかw。っていうか、スペースオペラ的な壮大な宇宙船同士の交戦がある訳でなく、地球人の形をした宇宙人同士が地味に殴りあう図、、。  今回も8000トル以上叩きだしてたので、やっぱり冨樫先生の人気はすごいなぁと思ったのでした。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

レベルE 第1話

 冨樫義博先生のジャンプ月1連載漫画(1995年から1997年)を原作にした、、、って事は、10年以上前のモノ。  冨樫義博先生といえば、「HUNTER×HUNTER」を休載中という、超注目漫画家です。  読んだ事あったっけか、、、レベルE、、、。トルが8700とか、記憶にある中では過去最高と思いました。  バカ王子が…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more