Fate/Zero 第16話

 野球に例えると、球団のオーナーが裏で、日本シリーズ第7戦の相手チームの先発投手の奥さんと子供を誘拐して、「お前が明日負けなかったら、奥さんと子供を殺す。」って脅して、相手チームが負けたら、奥さんと子供を解放した後、仲間に殺させて、先発投手も自殺に見せかけて殺す様な、、そんな感じの話。

 外道っちゃ外道。野球マンガ、アニメでこれをやったら許されない感じの話。そういえば、ドガベンで優勝旗が盗まれる話があったなぁ。

 キリツグ陣営は、通常のマンガのお約束の範囲を超えて行動してる。ケイネス先生は、お約束の中で行動してるので、勝ち目ない。

 野球選手同士は、殺しあいなんかしない、、つか、ランサーとセイバーは、そんな感じ。多分、お互いに止めを刺さないんだろうなという、相手の強さを認めたうえで、自分が手傷を負わないように、相手にも決定的な傷を与えない感じ。

 セイバーは、左手使ってないしな。あれだって、自分が不利とわかってたら、防御と攻撃に使うんだろうし。
 要は、セイバーがランサーをちゃんと殺さないから、キリツグさんが手を下したって感じ。

 キリツグさんも、セイバーが左手を使ってない事を指摘して、セイバーがそう振る舞う事は理解していた。しかし、それじゃ目的は遂行されない。だから、汚い所は、自分がやったって説明すれば理解される話じゃなかろうか。

"Fate/Zero 第16話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント