あの夏で待ってる 第10話

 アニメの演出力って、ものすごく高まっているんだなぁっていうのを改めて実感。

 一昔前のテレビドラマ、男女7人的なモノを、アニメーションで再現する構成力、演出力の強さ。

 青の心情の表現というか、お芝居のさせ方がすごいなぁと。

 このカット割りとか、原画の品質とか、背景の落としこみとかで構成される総合的な演出力の高さを感じました。

"あの夏で待ってる 第10話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント