神のみぞ知るセカイ 第11話

 栞ちゃんの最終回。視聴覚コーナー設置に伴い本が捨てられる事に抗議して、図書館に立てこもる栞ちゃん。

 うーん、栞ちゃんの行動は読めないわ。静かに本が読める場所が欲しいから、本が少し処分されるのはしょうがないと妥協するかと思ってたら、まさか図書館にたてこもるとは、、、。

 エルシイが図書館の天井に大きな穴を開けて神兄様が潜入。本が欲しいのか、静かな場所が欲しいのかと栞ちゃんに選択を迫って、神兄様が栞ちゃんとキス?。だったっけかなぁ。今、一回見た後は、そんな流れだったように記憶してるんですが、、、(ビデオを見直す)、、。

 ふむす、神兄様は、「本に埋もれて死ぬなんて、バカらしい。」」「リアルの世界なんて何とも思っちゃいない。」「栞は今、本を守りたいのか、外の世界からの逃げ場所を守りたいのか。」
 栞ちゃん;「私だって、話したいよ、でも届かない、勇気があれば、、。」
 神兄様:「勇気あげるよ。」→栞ちゃんとキス。

 なるほどなぁ。栞ちゃんの願いを理解してあげて、その事で心の隙間を埋めて、カケタマ退治という事か。

"神のみぞ知るセカイ 第11話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント