それでも町は廻っている 第7話

 「それでも町は廻っている」って、大阪しか出てこない「あずまんが大王」みたいだなぁと思うのですが、どうなんでしょうか。幼馴染とのデート回。学校をさぼって河原でデート。ありそうでない日常だなぁ。ほのぼのしてるなぁと思いました。

 メイド喫茶の中で、汚い絵面のオヤジどもを見せないで、こういう話にすればいいのにと思いました。少なくともこれで、今まで撮ってきたけど見てない「それでも町は廻っている」を見返してみようかなぁと思いました。MXの「ヨスガノソラ」と放送時間がかぶっているので、撮ってない回もあったと思います。
 そうだよ、「ヨスガノソラ」と放送時間が重なってるのが、いけないんだよなぁ。録画機器2台もありませんし、AT-Xなんて、、、。愚痴はその位にしておいて、一応、楽しめた「それでも町は廻っている」第7話でした。

 あの汚い絵面オヤジどもは、動かす必要もない、映す必要もないので、やめてください。日常感を出すなら、別の方法でもうちょっと考えてください。

"それでも町は廻っている 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント