神のみぞ知るセカイ 第4話

 これが噂のエンドレスエイトかと思いました。なんだよ、これを8週に渡って放送したのって「どんな判断だ」と思いましたし、ハルヒのアニメ自体が角川のバグだったんだなぁと思いました。
 エンドレスエイトも、こうやって1週、または2週で終わらせておけば、手酷く売り上げが落ちる事もなかったろうにと思いました。

 「神のみぞ知るセカイ」 第4話の感想から離れたので戻すと、相変わらずエルシイちゃんかわいい、あと顎のとがった少年は、「ゲーム」が好きなんだなぁというのと、こういう演出やっといて、最後にゲームの利用許諾書に解析を禁止する条項がない事を確認して、パソコンでサクッと解析しました、、で終わらせても別に「神」なんだからいいんじゃねと思いました。

 解析ってテレビアニメじゃやっちゃいけない事なのか?。バグだらけで会社が倒産してパッチを当てないゲームの解析やっても問題ないと思うんですが、エンドレスでお昼ご飯を食べ続ける展開は、普通ゲームが進めない程のバグがあったら、お昼御飯の種類を何に変えても動くはずない、ゲームを進めるために立つべきフラグで立ってないフラグがお昼御飯の種類なわけないから、バカ微笑ましかったです。

 こうやって自分の書いてる文章を分析すると、少年マンガ的な展開で、最後にそれを裏切るリアルオタクオチというのを望んでいるような気もしますが、ゲーム攻略に解析しないで何が神だかという感想を持ってもおかしくないのかなと思いました。

 まー小学館だし、出版社が想定できるゲーマーの範囲ってこんなもんかと思ったのでした。

"神のみぞ知るセカイ 第4話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント