ビビッドレッド・オペレーション 第12話

 アニメのご都合主義でも一応奇跡には代償を払うのがルールっていうか、それっぽく感じさせるために必要な文法だけど、まどかがほむらをループから救って、まど神様になるとか。エヴァ破→急だと、取り戻したと思った綾波がアヤナミ化してたとか。

 全く何も引き換え条件なしに救われちゃったレイちゃんの世界、その前に、あかねと3人連続で合体してカラスに攻撃して、カラスに取りこまれたレイちゃんにあかねが突入してレイちゃんと合体、ビビッドレッドオペレーションに変身して、ビビッドパンチでカラスを倒すのに、友情パワーで全解決じゃなくて、もう少し代償的なものを払った方が、それっぽく見えたんだろうな。つか、そうやるんだろうと予想してました。

 レイちゃんの命は助からないとか、あかねママンが流れ弾で死んじゃうとか、示現エンジンが使えなくなるとか、大人向けとしてはなんかの代償は必要だった気もします。ニチアサと思って見れば、完全ハッピーエンド、全ての問題が解決でいいけど、円盤の売上を考える大人向けなら、ちょっとは代償を払った方がより売れるだろうなぁ。

 作画がいいのとか、ビビッドアングルとかは、メタな要素だから脚本的な代償にはならんものなぁ。7~8話辺りで、あかねがやられるのもミスリードというか、ビビッド世界にも傷つく代償があるってやったので代償が全くないのはより不自然に見えるようになりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック