とある魔術の禁書目録II 第9話

 禁書目録IIの第9話。インデックスを守るんだったら、インデックスのそばにいなきゃ、と思って見てるのは、私だけなのでしょうか。ほったらかしにされてるインデックス可哀そう、、、w。

 まさか運動会の玉入れの篭のポールに触った人に危害が及ぶ術を使うとは、誰をターゲットにしてるんだ?。目的は、取引と運び屋じゃないのか?。
 あの篭のポール、誰があそこに運んだんだろうか。篭のポールを競技場の真ん中まで運ぶ時は、術が発動しなかったのか。考えもつかない話だったなぁ。というか、中学校の中で、術がかかってる札がポールに貼ってあるってわかって、どのポールに貼ってあるかはなんでわからなかったんだろうか。

 あと、美琴のデレ具合も凄かったなぁ。美琴をデレさせるために、運動会とか篭とか考えたんだなぁ。美琴の勘違いぶりも凄いな。なんでデレてるんだろうな。

 アクションだけどラブコメっていう感じかな。飽きないで見られた、「とある魔術の禁書目録II」 第9話でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック