俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話

 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話は、原作者とアニメ制作者達の対立劇というアニメで見た事のないシビアな問題をアニメ化してました。
 原作改変を迫るアニメ制作者たち、それに抗う桐乃、そして、お兄ちゃんとオタク仲間達が直談判という流れでした。

 女の主人公を男に改変しろって、どんだけ原作無視してるんだか、無茶難題というか、それならこの原作じゃない方がいいと思いますが、それに後ろのポスターに、「姉妹愛」の物語って書いてあるし、わざとなんだろうなぁ。
 「女の子同士の愛情は、軽音楽部のアニメとか、美術高校のアニメとか売れる要素です。この作品の核です。」位、桐乃に言わせればよかったのにと思いました。

 なんていうのか、これだけ「大人の事情」に特化したアニメって、そうないんじゃないのかなぁ。アニメ制作者にとっては、日常茶飯事の事を戯画化するという、内幕モノなんでしょうけど、これができるなら、「俺の妹がこんなにアニメーターな訳がない」とか、「俺の妹がこんなにエロゲ原作アニメな訳がない」とか、色々出来そうと思いました。

 子供の夢じゃないな、、、。あ、夢はあるのか、でも、出資する大人たちの利益回収も必要よというね。

 お金の話、もっとシビアにやればよかったのに、たぶん桐乃のアニメは低予算アニメなんだろうから、何百万とか予算も書いて、そういうのは全部知ってるから逆にやりにくい、それにしては、よくやったなぁと思うのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック