俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話

 桐乃があやせに「エロゲと同じ位、大事な友達」って言ってたよなぁ、、。エロゲと比較される友達って、、、爆笑しました。まぁ、それじゃ、あやせも納得するわけないなぁ。

 最初、雨の中で桐乃があやせと鉢合わせした時から、兄貴が悪者になって桐乃が悪い影響を受けてるから、という事で女同士結託する展開しかないんだろうと思ってましたが、ああやるのか。あ、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 第5話の感想です。

 ここで筆が止まったというか、作画の感想を書こうと思ったのですが、どう書いていいのかわかりませんでした。

 うん、やっぱり気になったから書いておくけど、駅であやせと桐乃が鉢合わせした時に、兄がすぐに「俺の趣味、エロゲ集めなんだ、コミケに桐乃を付き合わせているんだ。俺は、妹大好きな変態兄貴だからなぁ。妹を愛してるんだ、げへへ。」って言うだろうと思って、それをずっとスカされたまま後半まで来て、最後にバレバレな形で、あやせに言う。
 もったいつけ感というのか、あの間に作中では1ヶ月近く経っているそのイライラ感が、見た後の爽快感を阻害しているんだなぁと思いました。
 兄貴が悪者になるなら、早くやれよという。時間が経てば経つ程、感情的な問題はこじれるだろうに、という。1話使ってやるなよという。途中、父親に聞きに行くなよ、ググれよその位載ってるはずという。

 という訳で、1話で張った親バレ、友バレが怖いという伏線は、すべて「兄が悪者で解決」で回収したんですが、兄貴は実はあやせに悪者と思われていないという伏線が張られた訳で、次はこの伏線の回収に向かうんだろうなと思ったのでした。

 このアニメの作画をうんぬんするのは難しいなと、可愛いキャラが可愛く動くシーンが少なくて、兄貴の金的を蹴ったり罵倒するシーンが動いても、キャラ萌えにつながらないという。妹が兄貴にデレなくていいし、あやせが兄貴にデレなくていいので女の子同士で、きゃっきゃうふふ言ってるシーンを作って、そこを動かしてほしいと思うのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック