神のみぞ知るセカイ 第1話

 神のみぞ知るセカイ 第1話を見ました。感想です。

 超ラジGirlsが終わって不足していた伊藤かな恵分と「けいおん!!」が終わって不足していた竹達分を十分に補給できました。

 アマガミが4週でヒロイン一人を攻略するのに比べると、神のみぞ知るセカイは、1週でヒロイン一人を攻略するみたいです。攻略したヒロインの記憶は消えるという都合のよさです。

 竹達彩奈ヒロインの攻略は、1話で終わっちゃったので、もう出てこないのかな。それは少し残念かな。まぁ、竹達は他のアニメに出っぱなしの様なので、これはこれでいいのかなと思います。

 伊藤かな恵ボイスは、かわいいなぁ。こういう妖精的なキャラクター、今回の役は悪魔ですが見た目羽衣をまとった天女のようにしか見えない外観のキャラと、伊藤かな恵ボイスはぴったりでした。

 3次元女は嫌いだ~といいつつ、アニメなので実は攻略してるのは、2次元という、まぁ小説なら不自然に感じない部分でも、こうやってアニメになると別にどっちでもいいじゃんという、アマガミとどこが違うのかと思う話です。

 1話でヒロイン攻略が完了するのは、スピーディーでいいという面もありつつ、もう少しいいヒロインならやってほしいという面もあります。

 伊藤かな恵は、アマガミSSで言えば美也的なポジションという事で、いよいよシナリオの類似性が感じます。
 アマガミSSは、変態紳士ですが、神のみぞ知るセカイは、ツンなヒロインを応援する横断幕を張ったり、むしろ直球すぎる求愛行動です。
 どうしてツンだったヒロインがとつぜんデレになるのか唐突でしたが、2次萌えアニメのパターンかなと思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック